住宅に関する工事はそれぞれ専門の業者へ〜アンテナ工事や原状回復など〜

LED工事と照明器具

LED工事と照明器具の動向

家庭での照明器具は、LED工事を用いない蛍光灯や白熱電球などが一般的です。手軽で使いやすいイメージが浸透している事もあり、買い換えの際にも新たにLED工事が必要な発光ダイオードを使ってみよう、という考えに至る人は現状ではあまり多く無いようです。 高額なイメージを持たれがちだったLED照明ですが、近年では低価格化が進み家電量販店でも一万円以下で購入可能になっています。現在使用している照明器具の供給電力コンセントを使いまわすことが可能で、特別なLED工事も必要なく個人で簡単に取り付けることが出来ます。 こういった敷居の低さやLED工事不要の手軽さは、残念ながら日本ではまだ浸透していない状況といえます。省エネや高輝度性能も考えると、今後のシェア動向はLEDへの移行化が進む事が予想さています。

個人で行うLED工事の注意点

一般家庭の照明器具は、従来の蛍光灯や白熱電球が使われていることが殆どですが、近年では発光ダイオードを使用したLEDの照明が導入されつつあります。専門的なLED工事などは一切不要で、本体だけですぐに取り替えることが可能です。 数年前は価格が高く、一般家庭では手が出しづらいほど高額でしたが、現在ではLED工事不要なシンプルな電球や家庭用シーリングは一万円を切るほど値段は下がり、ホームセンターや家電量販店でも比較的手軽に手に入るようになりました。従来の照明器具より高輝度で明るく更に消費電力を抑えることが可能です。 注意点として、住居の天井の構造によりシーリングの構造も若干異なるため、埋込み型や引っ掛けタイプなどの形状に合わせた本体を選択する必要性があります。頻繁に照明を取り替えることのない人にとっては、取り付けるための専門的なLED工事が必要な印象を持たれがちですが、実際に専門的なLED工事一切必要なく、コンセント部分の電源が供給されていれば現在使用している照明と付け替えるだけで使用できるのが大きな利点です。