住宅に関する工事はそれぞれ専門の業者へ〜アンテナ工事や原状回復など〜

原状回復工事とは

貸主の調査に備えて大切なこと

アパートなどの賃貸物件では所有者が貸主となるため、引越しなどでの退去の際には現状回復が必要なのが一般的です。現状回復とは、床や壁の傷、穴、汚れや塗装剥げなどを修復し、入居時のまっさらな状態に戻すことです。貸主が行う現状回復工事では、入居時に支払った敷金より調達され、余った敷金は戻り敷金を超える場合は超過分を支払うのが一般的です。 さて、アパート退去の際、敷金はできるだけ多く戻ってほしいと思うのが一般的でしょう。退去時に貸主による現状回復の確認では、きれいに使ってると思われることがが大切となるのです。例えば、壁にある画鋲やビス、釘などの穴の場合、ホームセンターなどにある補修材を使って埋めることもできるのです。また、お風呂場などの鏡やネジに付着しているカビなどの汚れをきれいにするだけでも違ってくるのです。

現状回復工事を受ける方法

アパートなどを退去する際、約90%以上の賃貸物件で現状回復が必要な傾向にあるのです。また、現状回復は次に利用される方のためにも大切となることでしょう。 さて、現状回復工事の費用は敷金から調達されるのが一般的であり、貸主側が業者を指定している場合が多いです。 しかし、貸主指定の業者の価格が高い場合、業者の選択が可能な場合は安い業者を利用するのが賢明です。 まず、現状回復を依頼する際には、インターネットや電話で問い合わせを入れることからスタートするのです。そして、現地で依頼者の希望や資料を元に見積もりを行い、工事の内容や価格が総合的に記載された見積り書が発行されるのです。そして、見積り結果に同意できたら施工となるのです。