住宅に関する工事はそれぞれ専門の業者へ〜アンテナ工事や原状回復など〜

原状回復工事とは

原状回復工事は業者を利用することが望ましいです。業者の選択ができる場合とできない場合があるため、できる場合は優良な業者であるかどうかを見極め選択するようにしましょう。

Read More

アンテナの取り付け

テレビを見るためには、アンテナを取り付ける必要があります。アンテナは比較的高い位置に取り付けることが多いため、自ら行おうとせず、業者に依頼するようにしましょう。

Read More

LED工事と照明器具

近年注目を集めている「LED照明」。これは白熱灯や蛍光灯と異なり、省エネルギーであるため、寿命が長く、取替えの頻度を少なくすることができます。LED工事を行い、照明をより明るくしましょう。

Read More

賃貸住宅の原状回復

気軽に相談を行なうことが可能となっているので雨漏りの調査を頼みたいと思っているならこちらからとなっています。

賃貸住宅の最近の傾向

日本の賃貸住宅事情では現状回復のため、壁に釘一つ打てないというのがもはや定説となっています。敷金は家賃の2、3ヶ月分が相場です。この敷金が現状回復のための価格と考えていいでしょう。しかし、部屋で通常に生活することは借り主の権利であるので、そんなに神経質にならずとも、敷金を払えば良いと考えて行動する人も多くなっています。最近はDIYでする模様替えやリフォームも盛んに行われています。大家さんや賃貸事業者もその流れを汲んで、自費ならある程度自由に部屋を改装してよく、退出するときも現状回復も無しで良いという賃貸住宅も増えてきています。人口は減っていて賃貸物件は余っている状態なので、時代の住宅へのニーズに応えられる部屋が生き残って行く傾向にあります。

変わりつつある現状回復

住宅だけでなく店舗やオフィスなど商業施設にも現状回復は存在します。電気系統や水道に大がかりな工事が必要な飲食店の店舗は、わざわざ壊して現状回復するのも、無駄に期間もお金もかかるため、設備はそのまま残して新しい借り主を探すことも多く行われています。最近は住宅や店舗でも、古いものをできるだけ残し、あるものを無駄無く使うという傾向が強いため、年代物の設備もむしろ喜ばれることもあります。また、工場や倉庫がカフェになったり、全く違うジャンルの店に鞍替えすることもあります。その場合は古い器具も個性的なインテリアとして帰納することもあり、古いからと言ってマイナスにはならないこともあります。見た目は古い器具だが中身は最新の設備にするというのが近年の流行です。